ホーム > 元気の知恵袋 > 黒豆で「心筋梗塞」を予防

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

黒豆で「心筋梗塞」を予防

国立がん研究センター、国立循環器病研究センターなどのチームが15年間、45~74歳の男女8万5千人の追跡調査をしました。

「魚や豆類などに多く含まれるマグネシウムを多くとると"心筋梗塞"のリスクが下がる」という結果を発表しています。

食べた物や量を調べ、とったマグネシウムの量を推計し、量に応じて5群にわけて比較したところ、男性では最も多くとる集団は、最も少ない集団に比べ、心筋梗塞のリスクが34%低く、女性では関連が弱かったそうです。

理由とし女性は心筋梗塞の発症者が少なく、他のミネラルも多くとることが一因としています。研究チームでは「心筋梗塞のリスクを下げるため魚や豆類、食物繊維を積極的にとってほしい」と、していますが豆類でも黒豆の豊富なミネラル群やビタミン類、糖質やポリフェノール類の働きは見逃せません。黒豆の煮汁や黒豆料理が健康長寿の薬とされたことが現代の医科学で実証されたのですね。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/86

コメントする