ホーム > 元気の知恵袋 > 食品

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

食品の最近のブログ記事

「黒豆エキス」の機能性表示

2015年4月、健康への効能を商品に表示できる「機能性表示食品」の制度がスタートし、"わかりやすい"と好評です。

表示の方法も「ストレス緩和」や「手元のピントの調節に」と具体的に表現できるからです。この制度の特色は学術論文などで有効性を示すことで届け出が出せることです。では、「黒豆エキス」ではどうでしょうか。臨床検査や学術論文の学会発表された効果。効能を届け出すれば、表示できるのです。

「黒豆エキス」は、豊富なミネラル成分の働きで、"イライラを鎮め、ストレス緩和に"

"不眠の悩みに"という表示もできます。また、小腸で吸収されず大腸まで届くガラクトオリゴ糖やペクチン、スクワレンにより腸内環境が整えられるので"排便の不安解消に""快便促進に" などの表示が可能です。

機能性の届け出件数は15年度302件、昨年12月までに588件と倍増し、期待されています。

黒豆でメタボ撃退!

平成20年、メタボ検診の義務化がスタートして7年、少しずつですが効果が出て来ているといわれています。黒豆の薬効研究の第一人者・医学博士の野崎豊先生が黒豆の植物栄養素がメタボ予防に効果的だと推奨されています。黒豆の効用について、脂肪を吸収し体内の活性酸素を減らしてコレステロールの分解を助け、腸で脂肪が再吸収されるのを防いだり、食物繊維でスムーズに便を排出したりする働きをすることだと説いておられます。
メタボ撃退には手っ取り早く長続きする黒豆煮汁の活用をすすめ、健康茶として煮汁をそのまま飲んだり、ポリフェノールの多いコーヒーやココアに混ぜたりすることで相乗効果が得られるとアドバイスされています。
牛乳や流行のグラノーラに加えたりと多様な方法もあり、ご飯に炊き込めば藤色のご飯が雑穀同様の効果も期待でき、生活習慣病の原因ともなるメタボ撃退に効果的な"黒豆"を日々活用したいですね。

黒豆エキス・グラノーラ!

2011年頃からブームになったグラノーラは、オーツ麦などの穀物にシロップをかけて焼き上げ、栄養価も高く手軽に食べられることから人気が続いています。
健康に気をつかう時代になり、グラノーラはこの5年間で市場が5倍に膨らんでいます。そんなグラノーラがこの秋冬にかけて新商品が発売されます。温めた牛乳でもふやけない工夫をした 「あったかグラノーラ」やサツマイモとムラサキイモ入りの「ごろっと野菜のグラノーラ」が売り出されています。
もう一つ注目されるのが、グラノーラのシリーズに"黒豆きなこ味"の新商品が誕生したことです。グラノーラは、いろいろな食材が好みでトッピングができ食を楽しめることです。おすすめは、グラノーラの高栄養価に黒豆エキスの高機能栄養素ポリフェノールを加えることで抗酸化力も高まり、理想の健康食となることです。
「黒豆エキス・グラノーラ」をおためしください。

健康長寿の黒豆コーヒー

国立がん研究センターなどの研究チームが19年間、コーヒーや緑茶を日常的に良く飲んでいる人は、飲まない人に比べて死亡するリスクが低いとする調査結果を発表しました。
コーヒーや緑茶を1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて死亡リスクが24%低かったそうです。コーヒーに含まれるポリフェノールや緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げ、両方に含まれるカフェインが血管や呼吸器の働きを良くしている可能性があるということです。コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールやカフェインなどの成分が心臓病や脳卒中による死亡を減らしたことが考えられるとしています。
今、病気のリスクを下げ長寿をサポートする飲料として注目されるコーヒーに、黒豆エキスをブレンドした「黒豆コーヒー」は、黒豆の豊富なポリフェノールと一緒になって、病気を遠ざけ健康長寿をサポートする強力な機能性飲料として、毎日飲みたいですね。

始まった機能性食品への期待

4月から「機能性表示食品」の新制度がスタートし、消費者庁には100件以上の届け出があり、すでに「血中中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにすると報告されている」とうたった飲料の表示が受理されているそうです。
黒豆博士といわれるノザキクリニック医院長で医学博士の野崎豊先生は黒豆の煮汁に含まれる多様な成分の効能について大学の医学部や農林水産省の研究所等と共同研究をされ、黒豆の有効成分についてその機能を記述されていますので、表示されるのも間近ですね。

黒豆の代表的な成分成分の生体活性機能
アントシアニン(ポリフェノール)  抗酸化作用・免疫力の活性化
イソフラボン・ソヤサポニン 血液の粘りを取る・血流改善
リノレン酸・リノール酸 中性脂肪を下げる
ペプチド・ペクチン 血中コレステロール低下作用
トリプトシン・インヒビータ 血糖値改善作用
ビタミン(B1・B2・E) 抗酸化作用・血流改善
ミネラル(マグネシウム・鉄・亜鉛) 血圧安定作用・骨粗鬆症の予防