ホーム > 元気の知恵袋 > 機能性表示食品への期待

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

機能性表示食品への期待

食品の健康への効果をトクホや栄養機能食品のように国の審査を経ずに、企業の責任で表示できる新しい制度が来年からスタートします。臨床データや成分の有効性を立証した学術論文など裏付けが十分であれば、機能性表示食品として表示できるのです。
例えば、黒豆エキスは早くから旭川医大の協力で抗酸化値(ORAC値)を表示していますが、その効用をより具体的に「免疫機能を強化」、「血流を整える」、「鼻やノドの調子を整える」などの表示ができるのです。
黒豆エキスの豊富なポリフェノールは、生活習慣病の原因となる活性酸素を食い止める働きがあり、老化防止や便秘の改善、眼精疲労や冷え性の改善などの効用についても的確な表示ができるようになるのです。
自分に適した健康食品を選択しやすくなり、ますます機能性表示に食品に対する期待が高まりますね。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/28

コメントする