ホーム > 元気の知恵袋 > 「一石二鳥」の黒豆煮汁効果に期待

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

「一石二鳥」の黒豆煮汁効果に期待

黒豆煮汁に喜ばしい研究が進んでいます。米ワシントン大学の研究チームのレポートでは、「糖尿病」と「アルツハイマー型認知症」に共通点があることがわかったと報告されています。
「糖尿病」は膵臓の異常でインスリンがつくれず高血糖になる1型とインスリンがあってもうまく利用できない2型に分かれますが、同様に脳の障害にもインスリンがうまく使えないことで「アルツハイマー型認知症」を起こすのでは、とのことから、脳に直接インスリンを届くようにすると認知症の進行が抑えられたそうです。糖尿病がアルツハイマー病を引き起こしやすいとされていますが、アルツハイマー病は脳の糖尿病ではないかともいわれています。
黒豆煮汁が糖尿病の予防・改善に活用されていますが、この研究によれば認知症の予防・改善にも活用できるわけで、まさに「一石二鳥」の健康飲料です。
認知症462万人、予備軍400万人といわれる今、黒豆煮汁を食生活に取り入れたいものです。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/15

コメントする