ホーム > 元気の知恵袋 > 「違いが分かる」男と女

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

「違いが分かる」男と女

「コーヒーを1日4杯で死亡率が12%低くなった」(米国立癌研究所)。これは、40万人の50〜71歳の成人対象で14年間の研究結果だそうです。

また、米ミネソタ大学の研究では、29000人の閉経後の女性を11年間にわたって調査した結果「コーヒーを1日6杯以上摂取する女性の方が、摂取しない女性に比べて、2型糖尿病の発症リスクが22%低い」と発表しています。

同じように日本でも厚生労働省の研究チームが、54000人の女性を15年間追跡調査した結果、毎日コーヒーを3杯以上飲む人が子宮体がんのリスクが低かったとしています。

一方で米国の研究チームが「コーヒー1日4杯で、死亡リスクが高まる」と真逆の報告をしています。原因は、コーヒーを飲む習慣を書面で尋ね、その後17年ほど死亡記録などを調べたもので、被験者の喫煙歴や食生活のデータなどが入っていない、ラフな調査のためだといわれています。調査、研究は、その「根拠」をしっかり見抜くことが大切ですね。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/19

コメントする